広島市で不要な自転車の買い取り実施中 持ち込み歓迎!

中古自転車専門店ちゃりんこはうす 中古自転車専門店ちゃりんこはうす
HOME 自転車
買い取り
放置自転車
処分
店舗
情報
メンテ
ナンス
お問い
合わせ
>メンテナンス>パンク

「ちゃりんこオーナーが得するコーナー」

 

自転車の修理...やってみると意外と簡単なものもあります。
ちょっとだけ 整備する、きれいにする、 それだけで 愛着がわくんじゃないでしょうか。
誰でもできるこんな事  そういったものをご案内します。

実際に店で修理をやっていて思ったことを掲載しています。

パンク ブレーキ チェーン 変速
       
ライトがつかない いろんな音 盗難対策 鍵選び
       

パンク編

 !!パンクかと思うその前に!!

空気が抜けているとパンクとすぐに思わないでください。
よくあるのは、しばらく乗らないで置いていた自転車の空気がない時、「あー、パンクしてる!」と言うケースです。

自転車のチューブは一回空気を入れたら永久に保つ物ではありません。
風船がだんだんと萎んでいくようにチューブもだんだんと空気が抜けていきます。1ヶ月たてばかなり減ってます。半年でだいたい3分の2以上なくなります。
長く置いたままの自転車の場合は、すぐにパンクと判断しないで、まず空気を入れてから様子を見てください。 パンクならだいたい半日経つと空気が減っています。

また、チューブのバルブの部分には虫ゴムというものが入っています。これが空気が抜けにくいように働いているのですが、傷んでくるとその働きが鈍って空気が抜けやすくなります。
パンクと判断する前に虫ゴムを交換することも大事です。

パンクは誰もが経験します。
パンクした時に一番注意することは乗らないことです。
乗ったために被害が広がることがよくあります。 
最悪、チューブの交換になります。

  

 

 !!パンクを防ごう!!

パンクさせないためにはパンクの原因を考えましょう。  パンクはなぜすると思います?

何かがタイヤに刺さる以外にも原因はありますよ。それは結構簡単に防止することができます。
そうすればパンクする確率が半減するのでパンク修理代が節約できます。

それは何かというと私たちは「リム打ち」と呼んでます。
リムってわかります? タイヤがついてるワッカ(ホイール)のことです。
リムと地面の間にチューブがはさまって穴があくんです。
チューブをみると蛇にかまれたように二つの穴が並んでます。

どんなときにはさまるかと言うと、

@車道と歩道の上がり降りの時、段差でショックを受けた時
A壁とか物と正面衝突した時
B穴ぼこに落ちた時
などなどです。 共通点はどれもタイヤに衝撃を受けた時ですね。

@はちょっとスピードをゆるめてそーっといけば防げます。
AとBは前をよーく注意して見てれば大丈夫でしょう。

二人乗りしてると重くなるからなおさらです。
それから、常に空気を満タンにしときましょうね。空気が少ない方がちょっとの衝撃でリムが当たって穴があきます。

 

!!パンク修理のやり方!!

パンク修理はちょっと注意すれば簡単に修理できます。

 まず用意するもの

●タイヤレバー(タイヤをリムからはずすのに使います)
  市販されてます。2本あった方がいいでしょう。 私の経験では、金属製よりプラスチック製が扱いやすかったです。
●パッチ(穴をふさぐのに使うゴムです)
  市販のものもありますが、古チューブを切っても良いです。
●ゴム糊
  市販されてます。
●紙ヤスリ(軽石とかでもOK)
●水を入れた容器(チューブの穴を捜すのに使います)
  深さ20cm位、縦・横30cm×40cm位あるといい。
●もしあるなば、プラスチックのトンカチ(パッチの圧着用)と#10のスパナ(バルブをはずす時に必要かも)

  手順 

@ タイヤレバーを使ってタイヤをリムからはずします。(片側だけで良いです)  この時、チューブをはさまないよう注意!

A チューブを取り出し、バルブを付けて空気を入れます。 この時点でもう穴が見つかったらCに進んでください。

B 空気を入れたら水を入れた容器に付けて穴を捜します。  穴があればそこからブクブク泡が出ますが、小さな穴の場合、ブク...ブク...っと間隔が長い場合もありますので20秒くらいは付けたままでよーーく見ててください。

C 穴を発見したらその位置を見失わないように注意して周りの水を拭き、紙ヤスリで貼り付ける周囲をこすります。 
  ゴム糊をパッチの大きさより少し広めに塗ってください。バルブもはずし空気を抜きます。 
  塗ったらさわっても手に付かない程度によく乾かして下さい。私はドライヤーを使います。

D 乾いたらパッチを貼ってよく手で押さえます。 それからプラスチックトンカチで全体をたたくか、タイヤレバーの丸い部分でよくこすり、しっかりとくっつけます。
  真ん中から空気を外に押し出すようにしてください。中に空気が残るとダメです。

E 穴が2個以上ある場合は上記の作業を繰り返します。

F 穴をふさぎ終えたら、バルブをはめて空気を入れ、Bの作業をしてください。もう穴がないかを確かめるためです。  また穴を発見したらまたC〜Fの作業を繰り返します。

G すべて終わったらチューブをタイヤの中に戻しますが、その前に穴が開いた原因として物が刺さってることがありますのでタイヤの内側を手でさすって何も刺さってないか確認してください。(穴があった位置から前後20cm程度は見てください。)
  外側もよく見てください。  そのままにしておくとまた穴が開きます。

H チューブをタイヤに戻し、タイヤをリムにはめます。この時タイヤがきちんとリムにはまっていることを確認して下さい。そうしないと今までの苦労がムダになることがあります。

I 最後にバルブをはめて空気を入れます。
 
   
空気を入れるときに注意しなくてはならないことがあります。
   タイヤがリムにきちんと収まっているかどうかを確認しながら入れて下さい。Hの項目です。
   収まっていないままでいると徐々にタイヤが外れてきてチューブが露出します。
   そうすると悲惨な結末になります。  パーーーンと大きな音がしてチューブが破裂します。

ご苦労様でした。これでパンク修理終了です。